ヘアケア | 間違ったヘアケアが縮毛矯正の失敗を誘う

 

は~い  ゆ~き です

 

今回の記事は・・・

 

間違ったヘアケアが縮毛矯正の失敗を誘う

 

 

縮毛矯正の失敗というのは結構多い

 

くせが伸びなかったならまだまし

 

もしチリチリ(ビビり毛)にでもされてしまったら、どうしようもない事態になってしまう

 

縮毛矯正の失敗というのは取り返しのつかない場合があるのが1番の問題

 

さらにはくせが伸びなかった場合の失敗でも、髪の毛に多大なるダメージを無駄に負わせてしまう為、出来る限り失敗というのは避けておきたい所

 

 

縮毛矯正の失敗というのはだいたいが美容師側のミスがほとんどなのだが・・・

 

実はこういった、お客さん側のヘアケアの間違いで失敗を誘発させてしまう場合もある

 

今回はそこら辺の事についてお話ししていきたいと思う

 

 

 

間違ったヘアケア

 

 

僕の中での正しいヘアケアとは

 

シャンプーした際にしっかりとすっぴん髪にする事が正しいヘアケアの基本

 

そこでしっかりと髪の毛の状態を見極めてその後のトリートメントなどの付け方を考えていくのが正しいヘアケアというモノ

 

 

だが時に、トリートメントだよりのヘアケアをしてしまっているお客さんも少なくない

 

トリートメントとはただのコーティングである

 

いくらトリートメントを沢山したとしても、髪の毛にコーティング剤がベットリと付いただけで髪の毛は良くなる訳がない

 

 

そもそも髪の毛は死滅細胞なので、良くなる理屈もないのだが・・・

 

傷んでしまいどうしようもない髪の毛にされてしまった女性からしたら、藁をもすがる思いで色々なトリートメントに手を出してしまうのであろう

 

そんなコーティング任せのヘアケアをしていると縮毛矯正の失敗を誘発させてしまうのです

 

 

 

間違ったヘアケアが薬の浸透を妨げる

 

コーティングだよりの間違ったヘアケアをしている髪の毛というのは、コーティングが何重にも重なっている状態

 

その上からでは縮毛矯正の薬はそう簡単には浸透しない!

 

これが縮毛矯正の失敗を誘発させる元

 

 

さらにもっと怖いのが、そのコーティング剤を、もろともしないくらい強い薬を使って縮毛矯正をした場合

 

この場合はだいたいがビビり毛になってしまう可能性が大いにある

 

 

これが縮毛矯正の失敗の最大に怖い点



間違ったヘアケアのせいで成功率が低くなってしまうのが1番の厄介なところ

 

 

正しいヘアケアこそが・・・

正しいヘアケアこそがキレイな仕上がりのある縮毛矯正を作り
さらにはダメージの少ない髪へと変えていく!
END

 

このブログを書いているのは

 

ゆ~きです

 

ゆ~きとはこんな人☟☟☟

奥条勇紀とは・・・

 

にほんブログ村ランキングに参加中

今回のブログが役に立ったならクリックして下さい

☟☟☟☟☟☟☟

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ

 

シェアも宜しくね(^_-)-☆

 

横浜から少し離れた隠れ家的な美容院
好きなモノを極める美容師集団

美容室 YUME-YUI~夢結~


お店のホームページ

受付時間
平日     10:00~19:00
土日休日  09:00~18:00

定休日  火曜

お問い合わせはLINE@
☟ポチッと☟

友だち追加

 

もしくはメールから

yumeyui@icloud.com

 

直接電話から予約したい方はこちらへ

045-311-8133

 

住所

221ー0825

横浜市神奈川区反町3-19-18