縮毛矯正とカラーを同時にやるのはとても傷みます。出来るなら先に・・・

 

は~い

 

くせ者美容師のゆ∼きです

 

 

本日の記事は

 

縮毛矯正とカラーは同時に出来るのか!?

 

 

という質問について

 

 

 

この質問はよく皆さんに聞かれる質問です

 

縮毛矯正という時間のかかるメニューをするならば、ついでにカラーも一緒にやってもらおう

 

という気持ちは良く分かります

 

 

けどそれには大きな落とし穴がある

 

 

ではでは縮毛矯正とカラーの関係についてのお話ししていきます

 

 

 

縮毛矯正とカラーは同時に出来ますか?

 

 

縮毛矯正とカラーは同時にやる事は

 

もちろん可能です

 

 

先に縮毛矯正やっても・・・

 

先にカラーリングしても・・・

 

やる事はやれます

 

けど・・・

これだけは覚えておいてください

 

縮毛矯正とカラーを別々の日にやるよりも・・・

 

同時にやった時の方が

 

格段に髪の毛にダメージを与える

 

 

 

縮毛矯正は美容院の中で1番傷むメニュー

 

他の記事でも言っていますが

 

縮毛矯正とは美容院の中でも1番傷むメニューと言っても過言ではない

 

美容院でのダメージの度合いは

 

髪の毛の変化に比例します

 

 

くせ毛を半永久的にストレートにする縮毛矯正というメニューは髪の毛に相当な変化をもたらすと共に

 

多大なるダメージを与えるのです

 

けどそれがあまり傷んでいるように見えず、逆に髪が良くなっているように感じてしまうのが縮毛矯正というメニューの落とし穴

 

仕上がりの感じは髪の毛がまとまってくせ毛の時よりも髪の毛が良くなったような感じるけども

 

実際は

髪の毛の内部はボロボロ

 

 

そんな髪の毛の内部をボロボロにした縮毛矯正の後に

 

カラーをするという事は

 

とても危険な行為なのです

 

 

 

 

縮毛矯正後のカラーは傷口に塩を塗り込んでいる感じ

 

 

髪の内部がボロボロになったばかりの不安定な髪の毛にカラーリングをするという事は

 

 

傷口に塩を塗り込んでいるのとほとんど変わらない事

 

傷口がより開いてしまう

 

 

もっと忠告するならば

 

縮毛矯正をする部分は髪の毛のどの部分ですか

 

カラーをする部分は髪の毛のどの部分ですか

 

 

 

だいたいの目的は伸びてきた根元の部分ではないですか?!

 

まだ生えて間もない髪の毛に

 

多大なるダメージを負わせるという事は今後の髪の毛の未来を無くしてしまう事と同じ

 

 

縮毛矯正やカラーをやった直後は良くても

 

数か月たった後に全体カラーしたり、パーマかけたりした際に

 

髪の毛がチリチリになるような落とし穴にはまる事も可能性が大

 

髪の毛は死滅細胞(死んだ細胞)ゆえに傷んだものは元には戻らない

 

傷んだものは痛んだまんまだから

 

 

だから生えてきたての髪の毛に縮毛矯正とカラーのダブルパンチは酷すぎると僕は思う 

 

 

だから僕は同時に施術する事は絶対におすすめしない

 

 

 

縮毛矯正とカラーはどちらからやった方が良いのか

 

では

 

もし同時にしないのであればどちらから施術した方が良いのか?! 

 

さらには縮毛矯正とカラーどちらからやった方が髪の毛のダメージが少ないのか?!

 

 

それはカラーからやった方がダメージは少ないです

 

 

何故か

 

 

カラーのダメージは求める明るさによってダメージが変わってくる

 

なので、髪の毛の状態が違っても髪の毛に与えるダメージの度合いを変わらない

 

 

その点、縮毛矯正は髪の毛のダメージに合わせて薬を作っていくので、素材(髪の毛)のダメージの度合いによって薬を調整する事が出来る

 

 

最初にカラーをしてしまえば、カラーした後の傷んだ髪の度合いに合わせて薬を選定できるという事

 

だが

 

縮毛矯正を先にやってしまうと、健康な状態に合わせて薬を選定して、その後は髪の毛のダメージに関係なくカラーを塗るので

 

カラーを先にやる方が髪の毛のダメージは少ない

 

 

 

全てはダメージだけでは測れない

 

実は・・・

どっちを先にやるかなんて言うのは、別に対した問題ではない

 

僕の中では、その時にお客さんが気になっている方を最優先にしてます

 

同時にやらなければ何の問題もないのです

 

1番は優先すべき方をやる事!!

 

 

 

カラーの色落ちはないの

 

 

先にカラーを行なった際、縮毛矯正すると色味は落ちはしないのか??

 

 

もちろん色落ちします

 

 

もしそこら辺を気にする方は縮毛矯正を先にやる事を僕はおすすめしてます

 

縮毛矯正の薬はとても強いです

 

だからカラーの色味なんて言うのは簡単に落としてしまう

 

そこら辺はどちらを重要視するかによって見極める事が大切

 

 

 

 

縮毛矯正とカラーを別々でやる場合はくらいの期間を開けた方が良いですか

 

 

縮毛矯正の薬に限らず

 

美容院での薬は基本的に2週間くらい髪の中に留まります

 

その留まっている間は出来るだけ他の薬を髪の内部に入れない方が良いです

 

 

縮毛矯正やカラーをした後は2週間くらいは不安定な状態です

 

通常の状態に戻っていないのに、刺激を与えるという事は

 

同時にやっているのと近い状態になるので

 

縮毛矯正もパーマ、カラーをする時も

 

 

 

2週間は空けたほうがいいでしょう 

 

 

 

まとめ

 

縮毛矯正とカラーは同時には絶対しない方が良いです

 

今は良くてもゆくゆくどうしようもない事になるはずだから

 

どちらを先にやるかを決める基準は美容師さんと相談しながら決めるといいかな

 

自分で決めるのもアリだけど

 

プロに任せた方が良い

 

 

縮毛矯正とカラーの空ける期間は2週間必ず開ける事

 

 

 

これだけは覚えておいてほしい

 

髪の毛は死滅細胞(死んだ細胞)

 

1度傷んでしまえば元に戻る事はありません

 

だから一つ一つの施術を大切にする事がとっても重要になってきます

 

 

 

おわり 

 

 

 

癖毛を愛する

くせ者美容師

ゆ~き

 

にほんブログ村ランキング

参加中

今回のブログが面白ったり、タメになったと思ったらクリックしてね

☟☟☟☟☟☟☟

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ

 

シェアも宜しくね(^_-)-☆