カラーで髪を育てる!!

横浜・美容室☆カラーで髪を育てる

 

 

僕のお勧めのカラーは・・・

 

基本的にリタッチカラーを1番勧めています

 それは髪の毛を1番傷めないから

 

 

それについて↓これ↓を見てね

最も髪の毛を傷めない塗り方

 

 

 

 

けど髪を傷めないリタッチカラーの最大の良い所にして欠点

 

 

それが・・・

 

 

毎回同じ髪色になってしまう事

 

 

毎回・毎月・毎日楽しんでほしい髪型を提供する僕からしたらこれではダメだ!!

 

毎回同じ髪色なんて何も楽しくない

 

 

けど・・・

髪が傷んでしまいお手入れしにくくなるのもダメ!! 

 

 

 

そんな事を考えた僕が考えついたのが・・・

 

 

育てるカラー

 

 

 

育てるカラーっていったい何??

って思った方が大半だと思うので

 

 

今回は育てるカラーの説明

 

 

毎回髪を育てていくと、一回では出来ない髪色が完成するんだ

それが育てるカラー

 

 

けどやってる事って大した事ない 

 

 

傷ませたくないけど楽しんでほしい想いからできた育てるカラーとは

 

 

 

 


 

 

 

無責任美容師

 

こと

 

横浜の美容室 Yume-Yui

奥条 勇紀

 

 

 

にほんブログ村ランキング

参加中です

ブログランキング・にほんブログ村へ

1日1回クリックしてね(^^♪

 

 

 

 


カラーは育てるモノ


 

 

僕の勧めるカラーは出来るだけ髪を痛ませずに髪色で楽しむ事

 

 

これを1番大切にしている

 

 

けど毎回毛先まで色を変えていたら髪のダメージはすごい事になるし

 

根元だけのカラーではつまらない

 

 

どうしたら毎回楽しめて、髪もできるだけ傷めずにカラー出来るのか

 

 

それを考えた時に思い浮かんだのが

 

 

 

『髪に残るカラーをしよう』

 

 

 

これが僕の勧めカラー

 

 

では髪に残るカラーって??

 

 

 


毎回刻まれるカラー


 

いくら髪に残るカラーといっても

色持ちが言いうわけではないんだよ

 

 

色持ちが良いって話になると話がそれちゃいそうなので・・・

 

 

今回はお預け

 

 

 

 

話は戻して

 

多分大半の方が聞いたことあるカラーのやり方で

 

メッシュハイライトローライト

 

って知ってる???

 

 

 

僕はこれらのやり方を使ってカラーをする事を育てるカラーと呼んでる

 

 

何で育てるカラーというのか?

 

 

それは

 

例えばハイライトやメッシュといったようなものは一度入れてしまうと無くすことが出来ないもの

 

 

一部分だけ全体の色よりも明るくするので、その部分は髪の毛を切り落とさない限り無くならない

 

それはローライトも少し同じ

 

ローライトの色味によっては色が抜けて全体の色と馴染んでしまう事もあるけど

 

基本そんなに抜けないようなカラーをチョイスするのでほとんど無くならない

 

 

 

ハイライトやローライトを駆使することによってカラーが残る

 

毎回残る事によって、1度では作る事の出来ない髪色を作る事が出来るって事

 

 

 

前回はローライト・今回はハイライト

 

その次はローライト、たまには全体染め(^_-)-☆

 

みたいなやり方でやり続ける事を育てるって呼んでるの!!

 

 

 

 

 

ちょっと写真では分かりにくいデザインも多いんだけど、一色に見えて案外沢山のハイライト・ローライトが入ってる感じ

 

 

 

これが僕の本当にお勧めする

 

 

育てるカラー

 

 

 

 

 

出来るだけダメージを少なくして、楽しめるカラーをみんなにやってほしい

 

それがこの育てるカラーに詰まってる

 

 

 


今日も最後まで読んでくれてありがとうございます

m(__)m 

 

 

 

 

初めてうちのお店に来ようと考えてる方に

こちらをまず読んで♪

 

ブログランキングなるものにも参加中

変な所にはいきませんので

クリックお願いしますm(__)m

 

クリック↓↓↓


お問い合わせフォーム

メモ: * は入力必須項目です

横浜-美容院-ブログ内検索

横浜美容院YUME-YUI~夢結~アクセス