· 

【縮毛矯正のヘアケア】縮毛矯正後のシャンプー・トリートメントのケア方法について…

横浜・日吉の自然な仕上がりの縮毛矯正美容院~ショート・ボブ・前髪・メンズ

縮毛矯正後のトリートメント・シャンプーなどのヘアケアについて

 

どうも…

横浜で美容師をしていますユウキです

 

あなたがこのブログにたどり着いたという事は…あなたは縮毛矯正のダメージ等で悩んでいるという事でしょうか??

 

縮毛矯正というのは美容室の中で最も髪の毛にダメージを与えやすいメニューの1つです

さらに縮毛矯正に対する知識や経験といったものがないと特に失敗のしやすいメニューの1つにもなっているのが…縮毛矯正という技術なのです

 

縮毛矯正というのは、ちょっとやり方を知ったからといって簡単にできる技術ではありません。なので美容師の中でも技術と仕上がりの差が最も大きく表れる技術といえます

 

美容師の仕事というのは、センスで行う技術が大半なのですが…縮毛矯正にいたってはセンスというよりも知識と経験が重要になってくる技術です。ゆえに知識と経験がない美容師が縮毛矯正をすると髪の毛に大ダメージを与えてしまったり…ただ単にくせを伸ばしただけのツンツンヘアーになってしまったりといった失敗が多い技術です

 

なので、縮毛矯正でのダメージ等で悩んでいる方はとても多いと考えています

 

 

 

ではそんな縮毛矯正のダメージなどで悩んでいる方達はどうしたらいいのでしょう??

 

答えは意外と簡単です

 

ちゃんとした知識を持った美容師さんに縮毛矯正をかけてもらう事です

 

髪の毛というのは死滅細胞です。一度傷んでしまったら元に戻る事は絶対にありません。トリートメントで髪の毛を修復すればいいと思うかもしれませんが…トリートメントというのは髪の毛のコーティング剤です

 

トリートメントとは、決して髪の毛のダメージを修復するものでは無く…髪の毛のダメージを誤魔化すモノなのです

 

 

この部分をはき違えてはいけません

 

傷んでしまった髪の毛をトリートメントで何とかしようとしても、どうにもなりません

 

縮毛矯正で受けてしまったダメージというのは取り返す事はできません。傷んでしまった部分に関してはトリートメントで誤魔化しながらいつか切る時が来るのを待つしか方法はありません

 

 

傷んでしまった髪の毛の事よりもこれから伸びてくるくせ毛の部分に適切な縮毛矯正をかけてあげる事が綺麗な髪の毛を目指すうえでは重要な事だと思います

 

 

ここからは少し縮毛矯正のダメージについてお話ししていきたいと思いますが…もし縮毛矯正のお勧めのシャンプー&トリートメントについて教えてほしいという方は☆ボタンをクリックしてみて下さい⇒

 

 

 

 

 

縮毛矯正は一番痛むメニューではない

 

つい数年前まで縮毛矯正というのは美容室の中で最も髪の毛にダメージを与えるメニューだと言われていましたが…

 

実はそんな事はありません

 

適切な薬剤…適切なアイロン操作…適切な処理などをすれば、ひどくダメージを与えるようなメニュー(技術)ではないモノに変わってきました

 

なぜここ数年で変わってきたのか?

それは、縮毛矯正に対する知識が明確になってきたからです

 

正直な所、美容業界というのは発展途上の業界です

 

縮毛矯正という画期的な技術が誕生して10年から20年弱、まだまだ技術が確立されていません

 

ゆえに技術に対する正しい知識が美容師全体に浸透しきれていません

 

最初にも言いましたが、美容師の仕事というのはセンスで行わらている部分が大半なのですが…縮毛矯正という技術だけは知識が必要なのです

 

その知識がしっかりと浸透し始めたのがここ数年

今でもちゃんとした知識を持っている美容師さんの方が少ないくらいです

 

是非このブログを見た方だけは覚えておいて下さい

 

縮毛矯正が美容室の中で最も傷むメニューではない!!っという事を

 

 

 

縮毛矯正に大切な事

 

縮毛矯正に大切な事というのは知識と経験ですが…もっと具体的に言うと

 

一番はアイロン操作です

 

  • アイロンをする為の髪のコンディション作り
  • アイロンのかけ方
  • アイロンの扱い方

 

アイロンの事だけを語らせるだけで色々な事が出てきてしまうくらいアイロン操作が大切なのです

 

アイロン操作次第で仕上がりは雲泥の差がでてしまうほどです

 

 

 

その他に縮毛矯正に関する事は関連記事としてこれからリンクを張らせていただきます

知りたいことなどあれば気軽にお問い合わせください

 

縮毛矯正まとめサイトも運営中

 

このサイトにも細かな事を記載してますので、是非ご覧下さい 

 

縮毛矯正後のトリートメント・シャンプーなどのヘアケアについて
縮毛矯正後のトリートメント・シャンプーなどのヘアケアについて
縮毛矯正後のトリートメント・シャンプーなどのヘアケアについて
縮毛矯正後のトリートメント・シャンプーなどのヘアケアについて
縮毛矯正後のトリートメント・シャンプーなどのヘアケアについて
縮毛矯正後のトリートメント・シャンプーなどのヘアケアについて
縮毛矯正後のトリートメント・シャンプーなどのヘアケアについて
縮毛矯正後のトリートメント・シャンプーなどのヘアケアについて

 

 

 

縮毛矯正の正しいヘアケアについて

 

本日は

 

縮毛矯正の正しいヘアケア…シャンプー・トリートメントについてのお話ししていきたいと思います

 

 

皆さんも知っていると思いますが

縮毛矯正とは、美容院のメニューの中で、1番に髪の毛にダメージを与えやすいメニューの1つです

 

だから、施術した後のケアはとても大切

 

あなたはちゃんとしたヘアケアできてますか??

 

 

そんな縮毛矯正のヘアケア…シャンプー・トリートメントについてのお話しをしていきます

 

 

 

縮毛矯正のヘアケアに大切なシャンプー

 

 

縮毛矯正をかけた後に1番に大切になってくるヘアケアが

 

シャンプーです

 

 

何故、シャンプーが大切なのか…それは、髪の毛を毎日洗うモノだからです

 

このシャンプー次第で、今後の髪の毛の状態がどんどん変わっていきます

 

だからこそ、髪の毛に合ったものを使わないと確実に髪の毛は扱いづらいモノへと変わっていてしまうのです

 

 

縮毛矯正をした後の髪の毛にはいったいどんなシャンプーがいいのでしょう

 

 

石鹸シャンプー??

アミノ酸シャンプー??

ノンシリコンシャンプー??

 

 

ちなみにあなたはどんなシャンプーを使ってますか?

 

 

 

石鹸シャンプーはどう?

 

 

あなたは石鹸シャンプーというと、どんなイメージを持ってますか?

 

僕の中での石鹸シャンプーは

 

しっかりと汚れを落としてくれる

無添加のモノもあるので肌に優しい

 

 

こんなイメージも持っています

ではここからはイメージではなく、石鹸シャンプーの細かな部分について、解説していきたいと思います

 

 

石鹸シャンプーの特徴

 

天然素材を用いているのが石鹸シャンプの1番の特徴、ゆえに無添加で安全性が高く、自然派志向の方に大人気

 

洗浄力に関しては洗濯用洗剤よりも強いので、汚れはしっかりと取ってくれます

 

 

シャンプー<洗濯洗剤<石鹸シャンプー<食器用洗剤

 

 といった感じ

 

 

 

ですが・・・

洗浄力にいたっては汚れは取ってくれるけども・・・頭皮や髪の毛に使うにはちょっと強すぎな面も

 

ゆえに石鹸シャンプーを使うと髪の毛はギシギシになりやすいのが難点は

 

さらに、お肌の事を考えても決して良いとは言えないかも

 

洗浄力が強いので油症の方には良いと思いますが

 

乾燥肌の方にはおすすめできないので、大半の女性の方には、お肌の事を考えると・・・ちょっとおすすめし難いのも難点

 

 

よく石鹸シャンプーは3か月くらいすると慣れるという話聞いた事ありませんか?

 

これは石鹸の性質で汚れを取って石鹸カスを残すという性質から、3か月くらい経つと石鹸カスで覆われて、使いたての頃に比べて扱いやすくなるという事で、3か月すると慣れるという事なんです

 

 

その覆われる石鹸カスはなんと

 

 

アルカリ性 、弱酸性の髪の毛にはちょっと酷かも・・・

 

だから石鹸シャンプのリンスが酸性なのは、アルカリ性になった髪の毛を弱酸性に戻す為なのです

 

 

アルカリ性だからといって悪い訳でもないんです

 

アルカリ性になると、お肌が突っ張った感じなるので、スッキリとした洗い上がりになるのも一つの良さでもあるかも

 

ですが・・・

一言で言うと

縮毛矯正の髪の毛には合いません

 

 

石鹸シャンプーは天然のもので界面活性剤ではないという方もいるのですが

 

石鹸シャンプーもれっきとした界面活性剤の一種です

 

無添加という事で、安全性はあるのですが、デリケートな髪の毛やお肌の人には適さず

 

油症の方に適したシャンプーじゃないかと思います

  

 

っというのが僕の石鹸シャンプーに対する考えです

 

 

 

 

アミノ酸シャンプーはどう?

 

 

 

あなたはアミノ酸シャンプーにはどのようなイメージを持っていますか?

 

僕の中でのアミノ酸シャンプーは

 

お肌に優しい

洗浄力が弱い

飲んでも安心

 

 

このようなイメージを持っています

 

ではアミノ酸シャンプーについて細かく解説していきましょう

 

 

アミノ酸シャンプーはイメージの通り、洗浄力が弱くお肌に優しいです

 

さらにアミノ酸100%のものならば飲んでも大丈夫なのは事実

 

美味しくはないけども、飲んでも大丈夫なほど、刺激が少ないという事もあるので安全性の高いシャンプーです

 

 

ですが・・・

 

洗浄力が弱い為に、しっかりと髪の汚れが取れないのが難点

 

さらには

アミノ酸シャンプーの良い点でもある保湿性

 

これはアミノ酸を髪の毛に付着したままにしておく事で起きる利点ではあるのですが・・・

 

髪の毛がしっとりとし過ぎてしまう欠点にもなりやすい

 

 

肌に優しくて良いのだが・・・汚れが取れなければ、どんどん汚れが溜まってしまいゆび通りの悪い髪の毛になる可能性も

 

ゆび通りが悪い原因が汚れのせいだと理解できればいいのですが

 

それをダメージだと勘違いして、トリートメントに頼ってしまうともっと指通りが悪くなる可能性も・・・

 

艶のある髪の毛にはなりますが、ベタベタの髪の毛になってしまう恐れも

 

 

だから

アミノ酸シャンプーも縮毛矯正には

合いません

 

アミノ酸シャンプーは乾燥肌の方やアトピーの方などにおすすめのシャンプーといえるのでしょうね

 

 

 

関連記事

 

アミノ酸シャンプーはお肌にも髪のも良いモノなのか

 

 

 

ノンシリコンシャンプーはどう?

 

 

ノンシリコンシャンプーといえば一時期、ドラッグストアーのシャンプーがすべてノンシリコンシャンプーになったほど

 

人気の高かったシャンプー

 

今でもノンシリコンシャンプーを使っている方もいるくらい

 

 

そんなノンシリコンシャンプーとは・・・

 

 

ただ単純に

リコンという油が入っていないシャンプーなだけで、ほかの名称の油を入れてノンシリコンシャンプーと言っても間違いではないようなモノ

 

 

だから 

ごくごく普通の市販のシャンプーと思ってもらってもいいでしょう

 

そんなノンシリコンシャンプーの1番の難点が

 

 

油脂という汚れを取るはずのシャンプーなのに、油が入っているというとても不可解な点

 

油が入っている為、洗浄力が弱くならないようにちょっと強めの洗浄力になっているのも事実

 

これが僕のノンシリコンシャンプー(市販のシャンプー)に対する考え

 

ノンシリコンシャンプーと言ってもメーカーによって全然内容成分が違うため

 

一言には何とも言えない所でもあるが

 

比較的に洗浄力が高い!!

もしくは油が多くしっとりしやすい!!

 

傾向にあるように感じています

 

 

だから

縮毛矯正のシャンプーにはおすすめしません

 

 

 

ではどんなシャンプーが縮毛矯正に適しているのか

 

 

 

縮毛矯正に適したシャンプーとは

 

 

 

まずは

縮毛矯正をした髪の毛がどのような状態になっているのかを考えて見てく下さい

 

とても傷んでいるはずです

 

これ以上に、刺激を与えなたくないというのが1番に求める事

 

さらに、汚れもしっかりと取れないといけないので

 

汚れが取れて刺激の少ない(洗浄力が弱い)シャンプー

 

 

それが縮毛矯正に求めるシャンプー

 

 

そんな風に考える僕がおすすめするシャンプ―はこちら

 

 

縮毛矯正におすすめのシャンプー&トリートメント

 

 

DO-Sシャンプー

 

このシャンプーが僕の中では、縮毛矯正に最も適したシャンプーじゃないかと思います

 

このシャンプーの特徴が

汚れを取る事しか考えていないシャンプー

 

なので出来る限りの最低限の刺激で、汚れを取ってくれる

 

 

ごくごくシンプルなシャンプーです

 

 

 

そもそも今のシャンプーというのが色々な事を求め過ぎな部分が多い

 

髪の毛をツヤツヤにするシャンプ

髪の毛を染めるシャンプー

髪の毛を増やすシャンプー

 

等々

 

シャンプーとは、と考えた時に1番に思う事は

 

 

汚れを取る事

 

 

これが今のシャンプーには果たしてできているのか、ちょっと不安もある

 

 

だから僕は低刺激で汚れを取る事だけを考えたDO-Sシャンプーをおすすめするのです

 

 

 

 

DO-Sシャンプーに関する記事

 

DO-Sシャンプーは洗浄力の強いシャンプーと勘違いされやすいが・・・実は

 

DO-Sシャンプーが洗浄力の弱いモノなら、市販のシャンプーはどんなもの

 

市販のシャンプーVS 美容室のシャンプーでパーマの持ちで検証

 

 

 

縮毛矯正後いつからシャンプーしていいのですか?

 

 

 

ちなみにここでちょっと余談になるのですが・・・良く聞かれる質問についてもお答えしておきます

 

 

縮毛矯正後はいつからシャンプーしていいですか?

 

 

答えは

 

 

いつシャンプーしても構いません

 

 

施術した当日でも構いませんし、次の日でもいいです 

 

実際の所シャンプーしたくらいでは、縮毛矯正が戻る事はありません

 

もしシャンプーをして戻ってしまったなら、それはただ単に縮毛矯正の失敗です

 

もう一度かけ直してもらいましょう

 

 

 

 

縮毛矯正後のトリートメントに効果はあるの

 

 

この質問もよく聞かれる質問の1つなのでついでに答えておきます

 

 

縮毛矯正後のサロントリートメントは効果あるの?

 

 

答えは

 

 

あると思います

 

 

これに関しては色々な考えがあると思いますが・・・僕としては美容院で行うサロントリートメントと呼ばれるものをする事によって髪の毛がコーティングされて外部のダメージから守ってくれる要素があると思ってます

 

トリートメントというのは決して髪の毛を修復してくれるモノではなく…コーティングしてくれるモノ

 

ここだけは間違えないようにしてください

 

 

ちなみにこのような考えの美容師さんもいます

トリートメントをすると余計痛む!!

 

なぜそんな考えになるのか!?

縮毛矯正して傷んだ髪の毛にコーティングをする事はどうなのか!?

 

あまりおすすめしません

 

 

何故か???

 

 

それは縮毛矯正やパーマをする際に用いる薬というのが2週間は髪の中から抜ける事はないからです

 

そんな髪の毛の上からにコーティングをするという事は、髪を傷める薬を髪の外に出しにくくしていると思いませんか

 

 

だからトリートメントをすると余計に痛む

 

このように考える美容師さんもいますが…

 

僕はトリートメントをする事で髪の毛を外的ダメージから守ってくれる作用の方が大切と考えているので、縮毛矯正の後には必ずトリートメントをするようにしています

 

 

 

家でのトリートメントについては

 

 

家で行なうトリートメントに関してはサロントリートメントに比べてそれほどコーティング力はありませんが

 

出来るだけ次のシャンプーで取れるようなトリートメントを使う事が髪の毛のケアとしては良いと僕は考えています

 

 

単純に考えるなら、汚れを取って指通りを良くする為に油を付ける

 

これのバランスなのです

 

 

 

 

っと

色々とお話しさせてもらいましたが

 

縮毛矯正というのは本当にデリケートなメニューの1つ

 

たかがsっやンプーと思うかもしれませんが、シャンプー1つで髪の毛の将来が変わるといってもいいくらいだと思います

 

もちろんそれだけではないのですが・・・

 

今回の記事が何かの役に立てば幸いです

 

 

その他にも縮毛矯正やパーマについて述べた記事がありますので見ていって下さい

 

 

 

ではこの辺で(-ω-)/~~~

 

 公式ホームページ

 

癖毛を愛する

くせ者美容師

ゆ~き

 

にほんブログ村ランキング

参加中

今回のブログが面白ったり、タメになったと思ったらクリックしてね

☟☟☟☟☟☟☟

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ

 

シェアもよろしくね(^^♪