トリートメントがパーマや縮毛矯正のかかりを悪くさせる

トリートメントがパーマや縮毛矯正のかかりを悪くさせる

 

は~い

 

くせ者美容師のゆ∼きです 

 

 

今回の記事は・・・

トリートメントがパーマや縮毛矯正のかかりを悪くさせる

 

 

 

僕はここ最近、美容業界にこんな事思っている

 

 

トリートメントが髪を治す・・・

そんな時代は終わりを告げようとしている

 

 

何故そんな事を言うのかというと・・・

 

それは・・・

 

 

トリートメントが髪を治すという【間違ったヘアケア】が、美容師や一般の方に悪い影響を与えているからだ

 

 

今回はその事についてお話ししていきたいと思う 

 

 

毎日のトリートメントは無くなる保証はない

 

 

ここで1つだけ忠告しておく

 

 

家でのトリートメントは次の日のシャンプーで落ちる保証が一切ない!!

 

 

 

 

毎日、髪を良くする為に付けているトリートメントは、毎回のシャンプーで取れている保証が

 

一切ないという事だ

 

 

ではトリートメントが落ちないとどんな事が起きるのか?!

 

 

それは・・・

 

 

毎日のトリートメントがミルフィ~ユ状になって、髪の毛に媚びり付いて、錆び付いたフライパンみたいになってしまう

 

 

トリートメントがパーマや縮毛矯正のかかりを悪くさせる

 

 

 

トリートメントが髪に有害をもたらす

 

 

髪の毛に良いとされているトリートメントが髪の毛に有害な事をもたらす

 

 

 

上の写真のフライパンのように

毎日のトリートメントが髪の毛にコーティング剤を媚びり付かせてしまう

 

 

そんな字事実を受け入れられないであろう

 

けど事実だ

 

 

そんな髪の毛に 

パーマや縮毛矯正の薬が髪の中に浸透すると思う??

 

 

 

答えは・・・

 

 

浸透しにくくなる

 

 

浸透しない事はないが・・

 

浸透しにくくなる

 

 

コーティング剤は 油 で出来ていて

 

薬は 水 で出来ている

  

 

この事を言えばわかってもらえると思うが・・・

 

 

コーティング剤まみれの髪の毛にいくら薬を付けてもはじかれてしまうのです

 

健康な髪の人ほどトリートメントし過ぎるとより薬をはじきやすい髪の毛になる

 

 

だからこんな声が多くなる

 

 

『私、今までパーマ(縮毛矯正)が綺麗にかかった事が無いんです』

 

 

 

これの原因は、こびり付いたコーティング剤が薬を通さない事で起きた現象である

 

 

もしコーティングがなければ薬もしっかりと浸透してくれて綺麗なパーマが絶対にかかるはずなのに

 

こびり付いたコーティング剤のせいでパーマや縮毛矯正がかかりにくくなっている

 

 

 

 

トリートメントのせいで髪のダメージも増える

 

こびり付いたコーティングが原因で薬が浸透しないとは言ったが・・・

 

 

 

全く浸透しないわけではない

 

 

パーマ液とは別名さび取剤である 

 

 

だから強いパーマ液なら、このこびり付いたコーティングだってこじ開けて浸透する事だって可能

 

 

例えば・・・

 

 

10段階の強さに分かれている薬があるとしよう

 

全くコーティングされてない髪なら 3の強さの薬でパーマがかかるはずなのに

 

 

コーティングが媚びりついている髪の毛では、7の強さの薬を使わないと髪の中に浸透しにくい・・・

 

 

7の強さの薬で髪の中に浸透する事が出来るが・・・

 

その分、髪の毛自体には、多大なるダメージを負わせてしまう結果になる

 

 

これがコーティング剤(トリートメント)の有害である

 

 

ちなみにこれだけでは収まらない

 

 

トリートメントの依存

 

 

一応先ほどの7の薬でパーマはかかったとしよう

 

 

けど、本来使うべきパーマの薬よりも強い薬を使っているせいで、髪の毛が傷んでしまいパサパサになる

 

 

髪がそんな状態になると・・・

 

だいたいの方がトリートメントに頼ってしまうんだ

 

 

また自らコーティングまみれの髪の毛にどんどん追い込んでいく

 

これを僕は・・・

 

トリートメント依存

 

 

さらには

 

 

トリートメントの負の連鎖

と呼んでいる 

 

 

コーティングが重なり合っている髪に さらにワックスコーティングをしてしまうんです

 

Σ(゚Д゚) 

 

 

これがトリートメントの1番の有害だと思っている

 

この負の連鎖に陥ってしまうと、そう簡単に抜け出す事は出来ない

 

 

 

 

髪の毛がすっぴんになれば薬だって綺麗に浸透して、綺麗なパーマがかかるのに

 

それを間違ったヘアケアのせいでかからないだけでなく、傷ませているという現実

 

 

 

ちなみに今回の話はカラーとか縮毛矯正にだって関係してくる 

 

 

 

例えばこちらの記事でも言った通り

 

日頃のシャンプー・トリートメントが薬の浸透を邪魔する

 

 

日頃のシャンプー・トリートメントによってカラーのムラをも引き起こしてしまう事だってあるんです

 

 

日頃のヘアケアを間違えてしまうと当たり前にできる事もできなくなってしまう

 

 

これが一番怖い事

 

ここら辺の事を無くす為には 

 

正しいヘアケアを学ばないといけない

 

 

【正しいヘアケア】縮毛矯正やパーマ・デジタルパーマをする方が、知っておいた方がいいヘアケア

 

 

 

まとめ

 

 

髪の毛のダメージはトリートメントでは治らない

 

トリートメントによって様々な有害な事が起きている事も事実

 

その1つがパーマや縮毛矯正がかからないという事だ

 

それ解消する為には

 

正しいヘアケアをしっかりと覚えておく事が最も大切なのである

 

365日あなたの髪を管理するのは美容師だけではなく

 

美容師と髪の毛の持ち主あなた

 

 

だから

 

 

 

 

 

癖毛を愛する

くせ者美容師

ゆ~き

 

にほんブログ村ランキング

参加中

今回のブログが面白ったり、タメになったと思ったらクリックしてね

☟☟☟☟☟☟☟

にほんブログ村 美容ブログ 美容室・サロンへ

 

シェアも宜しくね(^_-)-☆